瑪瑙異書類従

瑪瑙異書類従
準備中

link

prep room 準備室(一号室)
menou books  メノウブックス(二号室)
瑪瑙文庫(三号室)

2018年6月8日金曜日

百魔


国会図書館アーカイブで、杉山茂丸の百魔、続百魔が読むことができる。
 ゆっくりこれから読み進めたい。


黛 しばらく船に乗ってきます。




2018年6月5日火曜日

告発、糾弾するのではなくて独立、自立する方向へ

4冊一気に全部電子書籍で読んだ。
特にこれがすばらしい。
””ディストピアジャパン””

””北朝鮮のミサイルはなぜ日本に落ちないのか””
””「放射能が降る都市で叛逆もせず眠り続けるのか」””
””ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ””




 オススメは北朝鮮本ではなくて上のディストピアジャパンこれが特に素晴らしかった。
明快な告発ではなくて、自白と自戒、すばらしい。

やっぱりメッセージ的には本を読め自分の頭で考えろ、ということにつきる。

北朝鮮の核ミサイル開発に日本がお金を出していようが、
 福島原発で核兵器作っていようが、
 そんなことは陰謀論でも現実でも本質的にはどうでもいいから。
お上の退廃腐敗を告発、糾弾するよりも、
そんな状況を物ともせずに、庶民は、自立して自発的に、
ひたすらたくましく生きていけということだろう。

いつの時代も自滅、腐敗するのは上からなんだから。
庶民は自立して、自戒して、天災があろうと飢饉があろうと、
要するに、自分の頭で考えて、支配者たちを馬鹿にしながらでも、
たくましく生きていくだけだ。






2018年6月4日月曜日

耳栓と読書


耳栓と読書

結局、放射能汚染を都市伝説でごまかしているということでした。

ヒロセタカシ現象というキーワードが非常に面白い。

政治や戦争や関係する重大事件が、ほとんどプロレスみたいな視聴者参加型劇場、演劇みたいになってきているのが、本当に笑えてくる。腹立たしい。